犬が何かを誤飲してしまったら

犬と暮らしていれば、一度は経験するであろう「誤飲」。
実際に現場に遭遇すると慌ててしまうものです。
今回はその対処方法についてお伝えします。

結論

すぐに動物病院に行ってください。
ためらわれる方はかかりつけ病院に電話して、来院の必要有無を確認しましょう。
気軽に相談できない方は、犬の誤飲ネット相談室で聞いてみると良いでしょう。

安易にやってはいけない対処法

世の中には色々な説が出回っていますが、上手くいかなかった場合に、愛犬を自分の手で傷つけてしまうことになりかねませんので、情報は取捨選択しましょう。

塩を飲ませる

塩水を飲ませるという治療法もありますが、最新の獣医学においては他の方法もありますので、勝手に選択しないでください。
嘔吐の成功率が悪いわりに身体に負荷がかかる、というケースもあるようです。

オキシドールを飲ませる

吐けなかった時のことを考えてください。
成功しても臓器にダメージを与える恐れがあります。人間もやらないようなことを犬にするのは危険すぎます。

その他詳細について

Qpetさんの記事が場合分け含めて丁寧にまとめられていますので、読んでみると良いと思います。