チワワに服は必要?メリットとデメリットをご紹介!

朝晩道ゆく人の中に、自宅で飼われて入るワンちゃんとお散歩中の方の姿を目にすることは多いと思いますが、その装いは様々です。

人間ばりに季節を考えてコーディネートされたオシャレな服を着たり、雨の日限定でレインコートを着たり、またどんな時でも服は着なかったり。

今回はワンちゃんにお洋服を着せるメリットとデメリット、特にチワワに着目していきたいと思います。

チワワに服を着せるメリットとデメリット

チワワに服を着せるあたって、メリットとなる点とデメリットとなる点をご紹介いたします。

メリット

そもそもチワワは、北アメリカの暖かい地域原産の犬種です。

その特徴としては暖かさを好み寒さには弱いです。

なので根本的に持って生まれた犬種の体質として日本の気候では寒さを感じることが多く、飼い主がチワワ自身に温度管理を任せてしまっていると体調を崩す原因にもなります。

特にチワワは愛玩犬として室内で飼われることが多いいので、室内の気温(暖かさ)に慣れていることでしょう、そうなると外で生き抜くような野生としての本能も弱まっているので、自分で体温調整をするのが上手にできない場合が多くあります。

飼い主はその点に注意してお世話をする必要があります。

人間が寒さを感じる場面での外出・お散歩、特に冬場はチワワにとってもとても寒く感じるものです。

多くの犬同様チワワにも換毛期が春と秋にあり、冬の間は冬毛を纏って入るのですが先にも述べた通り、チワワは元々暖かい地域の犬種なので、その身一つでは日本の寒さに対応するには足りていません。

そこで活用したいので犬用の服です、昨今では見た目が可愛くイベントに合わせたオシャレをさせることが主な目的としている洋服もありますが、他に防寒機能の望める服も沢山販売されており、用途に合わせ購入することができます。

チワワの防寒対策としては、人間の着るジャケットの様に中綿の入ったものを選ぶのがオススメです。

デメリット

チワワは小型犬の中では足は短い方ではありませんが、中型犬などと比べると立っている時の、胴体と床面までの距離は近くなります。

室内ではさほど問題にはなりませんが、野外では道からの埃や歩行時の跳ね帰りなどを受けやすくなります、その為服は比較的汚れやすくなります。

犬用の服は大体2000円前後のから購入することが出来ますが、人によっては高く感じる場合もあるかもしれません、そういった方にとっては買い換える必要性のあるものとしてデメリットとなるでしょう。

また犬側から見ても、急に全身を覆割れるわけですから個体によってはストレスになり真似ません。

締め付けの強い服だとその反応は大きく出てしまうこともあるので、シッカリとサイズに合った服を用意し、最初は短時間から慣らしていっておけることが良いでしょう。

チワワにオススメの服

◆10/18再入荷◆【週間ランキング1位受賞】 XS S M L XL 送料無料 Ziimo&Co. ダウン風 ベスト スター柄 アウター 中綿 秋冬 犬服 ドッグウェア 犬の服 ジーモアンドコー

中綿入りで暖かく、フードがないので道の匂いを嗅いでも頭に覆いかぶさることがない、腕部分も方より先は露出してる状態なので、締め付け感が軽減されています。