トイプードルの服の作り方は?失敗しないためのポイントをご紹介!!

ペットショップへ行くと可愛くてお洒落な洋服がたくさん売ってます!

もちろん既製品にも素敵な商品はありますが、愛犬には愛情タップリの手作り洋服もおすすめですよ。

手作りと聞くと難しいイメージがありますが、最初は簡単な袖なしのタンクトップなど、シンプルなデザインの物からチャレンジしてみてください!

しかし、臆病なコは洋服を着せる時に足を引っ張られたり、頭から布をかぶされたりすると怖がるコもいます。

せっかく手作り服を作成しても、愛犬にとって服を着る事によりストレスを感じたり、嫌がられてしまうと飼い主さんはとても悲しいですよね。

自分の愛犬にあった洋服を考える事も必要です。着脱の時に負担のかからないポンチョタイプなどおススメです。

また生地の裁断からスタートしなくても、リメイクなら初心者でも簡単につくれますよ。

Tシャツやニット素材など伸びるタイプなら多少の誤差もごまかせます。

愛犬が自分のおさがりを着ていると、より一層愛着が湧いてきますね!

トイプードルの服の作り方

【犬の採寸】採寸する後身頃(背中側のパーツ)前身頃(胸側のパーツ)袖を測ります。

【型紙を作る】(もしくは購入・ダウンロード)
衿の長さは衿の合計、幅は衿幅の倍にします。

【生地の裁断】 裁断する型紙をもとに布を裁断します。
縫い代は1cm・裾と袖口のみ2cm・袖は左右対象に2枚裁断します。

【生地の端処理】袖口を1cm単位で2回折り、ステッチをかけます。

【縫い合わせ】身頃と袖を縫い合わせます。後身頃の袖と、袖の後袖を中表に合わせて縫います。前身頃も同様です。縫い代にはロックミシンをかけます。なければジグザグミシンを使います。袖下から裾まで縫い合わせます。袖下から裾まで中表で一気に縫い合わせます。
縫い代にはロックミシンをかけます。
(完成時の強度は減りますが、ミシンが無い場合は手縫いでも作成できます。)

手作り服のポイントは採寸にあります!

まず愛犬を真っすぐ立たせて測り、毛にボリュームのあるトイプードルは少し毛を抑えて測定する事です。

特にウエストの部分をキチンと図らないと着用時に愛犬が動きにくくなってしまいます。

しっかり採寸が終われば、後は細かい事は気にせずに縫ってみてください!

完成時に余裕があれば基本からの応用で、フードやポケットを付けることも可能ですよ。

無地であれば好きなアップリケやポケットを付けてアレンジしたりラインストーンでキラキラさせてもかなり楽しそうですね!