犬を車に長時間乗せて長距離移動するときの方法や注意点をご紹介!

犬を車に長時間乗せたり、長期間移動するとなった際に本当に我慢をしてくれるのか、犬にとってどんな影響があるのかが不安になってしまい、どうすれば良いのか不安になってしまった経験はありませんか。

また、これから遠くに犬と旅行に行こうと思っている際にこれから気をつけた方が良いものや、あると便利なグッズはどういったものがあるのでしょうか。

注意点だけではなく、便利なグッズを含めて紹介します。

犬を長時間車に乗せるときの注意点

犬を長時間車に乗せる際にどういった事に注意をしなければいけないのでしょうか。

犬を長時間車に乗せる場合は犬のストレスや車酔いに気をつけてあげる必要があります。

犬は新しい環境にいたり、揺れる場所にいるとストレスを抱えてしまうことになります。

そのため、長時間移動する際は、ずっと車内にいさせるのではなく、何度か休憩をしたり、車酔い対策として窓を開けたり、時間を決めて散歩をしてあげることが大切です。

決して、ずっと車内にいさせるという事はやめてあげてください。

長距離移動時にあると便利なグッズ

長時間移動する際にあると便利なグッズにはどういったものがあるのでしょうか。

そんなあると便利なグッズを紹介します。

ドライブペットソファ

〈1年保証〉ペット ソファー ドライブベッド 犬 ドライブ ベッド カーベッド 車 車用 ペットベッド ペットソファ いぬ イヌ ドライブ用品 ペット用品 旅行 お出かけ [約] 48cm×47cm×46cm[送料無料][レビュー特典]

シートに座らせると振動が伝わってしまい、車酔いを引き起こしてしまう恐れがあります。

そのため、ドライブペットソファがあることで、振動を吸収することができ、シートベルトを使って座席に固定をすることができるようになっているため、落下防止にも繋がります。

また、フワフワとなっているため、安心して寝てくれます。

車用セーフティベルト

シートベルトはあっても、犬に付けようとすると困難です。

しかし、車用セーフティベルトがあれば犬に付けることができ、しっかりと固定をすることができるため、絶対に持っておくと便利なグッズです。

また、車と同じ高密度な折込を使用しているため、とても丈夫です。

ペット用 ドライブシート

サイズは140×100cmという大きなシートとなっているため、しっかりとカバーをすることができます。

長時間移動をする際は犬がトイレを我慢することができないといった場合が想定されます。

そうした際にドライブシートがある場合、万が一、粗相をしてしまったとしても、撥水加工、防水加工となっているため安心して処理をすることができます。

まとめ

長時間移動をする際は犬のストレスを考えて休憩時間をしっかりと設けてあげる必要があります。

また、便利グッズを使ってより快適な旅にしてあげるように配慮をしてあげることで犬のストレスを緩和することができます。