犬が雨に吠えるのはなぜ?やめさせるにはどうしたらいい?

愛犬も人間と同じ様に、雨に対して平気なワンちゃんや苦手なワンちゃんなど、色んな性格を持っています!

雨でも台風でも全然怖がらず、お散歩へ行きたいと催促するコもいれば雨音や風に敏感に反応して、怖さや不快感から吠えてしまったり、甘えて家の中に入れてほしいとオネダリするワンちゃんと様々です。

雨が降っている間、ずっと吠え続けてしまうと近所からの苦情も出でしまう可能性もあり飼い主さんは困ってしまいますね!

そんな、お悩みを解決したいと思います!

犬が雨に吠える理由

愛犬が雨に吠える理由として、根本的に水が苦手な事が一つの原因としてあります。

音も含めて、

シャワーを浴びる=水に濡れる=雨=嫌い

と理解しているのかもしれません。

また犬が吠えるという事は自分の意志表示で、飼い主さんとのコミュニケーションの一種です。

外犬として飼っているワンちゃんが吠えて訴えている場合は、自分の犬小屋やケージが濡れてしまい、不快感をアピールしている可能性もあります!

もしくは、雨による気圧の変化や雨音により、日常と違う変化から怯えてる可能性もありますね!

雨に吠えるのをやめさせる方法

私たちが使う言葉のように相手に伝える手段の代用として、愛犬は吠えます。

もし、犬に吠えるな!というのであれば、それは人間に話すな!と言っている事と同じです。

吠えるのを強制的に止めさせる事は、精神的に負担が大きく、ストレスを感じてしまいます。

吠える事は犬の本能のため完全に止めさせるのは不可能ですが、飼い主さんとお互い快適に過ごすためや、信頼関係を築き上げるためにも吠える事を制限するのは、とても必要ですね!

まず、外犬として飼っているワンちゃんで、怯えや恐怖から吠えてしまうコは、フリーで放し飼いをするのではなく、犬小屋やケージを作ってあげると効果が出できます!

もともと犬は休息や睡眠をとる時に、狭いスペースや洞穴を好んでいました。

その名残もあり、自分のテリトリーを作ってあげると安心して雨の怖さから吠える事も少なくなるでしょう!

また、雨の日に吠える事によって、飼い主さん心配したり、声をかけたり、大きな声で叱ったり過剰に反応する事で、ご主人が注目してくれた!かまってくれた!と受け取り、自分で気が付かない間に逆効果になっていることがあります。

よってワンちゃんが雨の日に吠えていても大騒ぎせずにある程度、冷静に見守る事も必要です。