犬を車に乗せるとき足元に寝かせるにはどうしたらいい?注意点は?

犬を車に乗せる際に足元に寝かせる際、どのようにして対策を考えていますか。

また、足元に乗せる際に注意点はどういったものがあるのでしょうか。

そんな、犬の車事情について分かりやすく解説していきます。

犬を車で足元に乗せる方法や注意点

犬を車で足元に乗せる際の方法としては振動が直に伝わらないようにクッションや枕を用意してあげる必要があります。

そうする事によって、犬が車酔いになってしまうのを防ぐことができたり、振動で怖がってしまう事を防ぐことができます。

また、注意点としてはダニ対策です。

足元はダニが多くいるため、必ずダニ対策を行う必要があります。万が一、ダニが犬の皮膚に付着してしまうと犬にとってストレスになってしまい、車が嫌いになってしまう恐れがあるので注意です。

足元に固定することができる水が入った容器があることによって犬は安心して水を飲むことができるようになるため、用意しておくことも大切です。

足元にいさせると車酔いを引き起こしてしまう恐れがあるため、こまめに休憩をして、外に出してあげたり、散歩をしてあげることで長時間の移動でも我慢をしてくれるようになり、さらに水を用意しておくことで、車酔いになりにくくすることができるため、長時間移動する際は、しっかりとケアをしてあげることが大切です。

シートベルトは必ず着ける事が大切です!

犬を足元にいさせておけば安全だろうと思い込んでしまっている人も多くいますが、万が一、事故に巻き込まれてしまったり、事故を引き起こしてしまった際に犬にシートベルトを付けておかないと命の危険性があったり、人間とぶつかってしまい、人間も怪我をしてしまう恐れがあります。

そのため、足元に犬をいさせたとしても、しっかりと犬用の車内シートベルトをつける必要があります。

近年では車内で使うことができる犬専用のシートベルトも多く発売されているため、それらを利用してみるというのも一つの手です。

また、できる限り固定をして、あまり動かないようにすることで、飛び出し防止にも繋がります。

まとめ

足元に寝かせる場合はできる限り犬のストレスにならないようにケアをしてあげることが大切です。

また、足元にいさせる際は振動で犬を蹴ってしまうことがないように注意をする必要があります。

揺れの衝撃で犬を蹴ってしまい犬が怪我をしてしまったというケースも多くあるため、クッションや毛布をかけてあげることで、蹴ってしまう可能性を減らすことにもつながります。