犬は車で寝る?車中泊を工夫してみよう!冬でも大丈夫!

車中泊をする際に犬がいると寝てくれるのかどうか不安で、どうすればよいのか分からなくて困ってしまった経験はありませんか。

また、なかなか犬が寝付いてくれなくて、車中泊でストレスを感じてしまったという人も多いのですが、犬と車中泊をする際はどういった事に気をつければ良いのでしょうか。

また、冬の場合、注意点やポイントはあるのでしょうか。

犬との車中泊のやり方について分かりやすく説明します。

犬と車中泊する方法

犬と車中泊をする際はこまめに外に出してあげる必要があります。

車が泊まっているのにも関わらず車酔いを起こしてしまう犬もいたり、トイレを我慢してストレスになってしまう犬も多くいます。

そのため、時間を決めて何回か外に出してあげることで、犬のストレス緩和にも繋がります。

また、用事があって車内に残す場合はできる限り早く帰ってくる事を忘れないようにしてあげる必要があります。

犬にとって見慣れない環境で泊まる、長時間いるという行為はストレスを大きく抱えてしまう原因にもなるので注意が必要です。

冬に車中泊するときのポイント

冬に車中泊をする際は寒くなってしまわないように、何枚か毛布を用意しておく必要があります。

また、車内を温めておくことも忘れずにする必要があり、車内にいると犬は体温調節をするのが困難になってしまいます。

そのため、寒くなったら毛布をかける事ができるようにしたり、暑くなったら涼むことができるように犬専用のスペースを設けてあげることが大切です。

あると便利なグッズ

車中泊をする際にあると便利なグッズはどれでしょうか。

そこで、便利で人気があるグッズを紹介します。

ドライブペットソファー

table>

期間限定☆ペット ソファー ドライブベッド 犬 ドライブ ベッド カーベッド 車 車用 ペットベッド ペットソファ いぬ イヌ ドライブ用品 ペット用品 旅行 お出かけ [約] 48cm×47cm×46cm[送料無料]

お家用のペットベッドに近い状態を提供することができます。
また、車中泊に限らず、ドライブ全般に使用することができるため、使いやすい商品といえるでしょう。
クッションによる揺れ・酔いの軽減だけでなく抗菌・防臭効果もあります。

貼り付けケース

車の外側に貼り付けるタイプのケースです。
長時間の外出では、トイレタイムは避けられないもの。
車内に置いておくにはちょっと。。。なアレは車外に収納してしまいましょう。

シートカバー

シートの座面から足元まで保護するシートです。
ベッドと違い、動き回るスペースを確保することができます。

いかがでしたでしょうか。
これらのグッズで快適なお出かけライフをお楽しみいただければ幸いです。