犬が車に吠えるのはなぜ?鳴くのがうるさいときはどうすればいい?

車が通るたびに車に向かって吠えてしまったり、飛びついてしまい困ってしまっていませんか。

そのまま放置をしておくと近隣の迷惑になるだけではなく、飛びついてしまい相手にケガをさせてしまうと事件にまで発展してしまうため、犬が車に吠えてしまったり、飛びついてしまう行為をやめさせる必要があるのですが、一体どうすれば良いのでしょうか。

分かりやすく解説していきます。

犬が車に吠えるのはなぜ?

まず、犬が車に吠えてしまうのは何か原因があるのかを知っておく必要があります。

犬は決して無意味に吠えている訳ではなく、何かしら理由があって吠えてしまうのですが、犬が車に吠えてしまう理由にはオオカミ時代の名残、犬種特有の習性というものが大きく関係してきます。

対象を吠えながら追いかけたり、止めるために回り込もうとする犬種もいるため、本能で動く車に吠えてしまいます。

また、あまり速いスピードで移動していない車や自転車を見つけると飛びついてしまう事もあります。

鳴き声がうるさいときはどうすればいい?

吠えてしまい、近隣の迷惑になっている場合どうすれば良いのでしょうか。

必ず、本能だからといって放置してしまうのではなく、しっかりと「しつけ」をする必要があるのですが、車や自転車に吠えるのをやめさせるには、リードを引っ張り「いけない事」だと認識させ、リーダーウォークを徹底させる必要があります。

リーダーウォークとは、飼い主が主導で犬を散歩させる行為ですが、飼い主が主導することによって、主導権を握ることができるため、犬は好き勝手行わないようになります。

何度もしつけをすることで、自然と吠えるのをやめたり、飛びかかってしまうことをやめるようになります。

また、注意点としてしつけは「犬との信頼関係」が成り立っていないと効果がでません。

そのため、しつけをする前はしっかりと犬との信頼関係を築き、言うことを聞いてくれるように接してあげたり、成功した時は思いっきり褒めてあげるといった行為をして、信頼関係を築くことが大切です。

まとめ

車を見て吠えてしまったり、自転車に飛びかかってしまうというのはとても危険でありトラブルの発生の原因にもなるため、紹介した通りのしつけを行ってあげてください。

犬は本能で行っているため「いけない事」だと理解していませんが、何度もしつけを行うことで、自然とやめ、より飼い主との信頼関係を築くことができます。

諦めずに何度もしつけをすることが大切です。