犬が壁を噛む!対策はどうすればいい?

気がつけば、自宅の壁紙を犬が噛んだみたい、、、このままでは壁がボロボロになってしまうし、犬の体調にも影響が出そうで心配。

とお悩みの方に、犬が壁紙を噛む原因と対策をご紹介していきます。

犬が壁を噛むのはなぜ?

犬が壁を噛む原因としては多くの場合次の3つに当てはまります。

1、口の中が痒い!

犬にも入試と永久歯があり、早ければ生後3ヶ月の後半から葉の生え変わりが始まり、生後7ヶ月の後半頃に生えそろいます。

この生え変わりの期間では、歯が生えてくるに伴って、歯茎が刺激されムズムズと痒いので、「とにかくなんでも噛んでしまう」ことがあります。

2、暇、退屈

飼い主さんが、自分のことに掛かりっきりになっている時、またはそうじゃなくても相手をしてあげてない時、わかりやすいのは留守にしている時に壁紙を噛んでいる場合は、かなりの確率でこれが原因となっているでしょう。

暇だし退屈だしなんかないかなー、これ引っ張ってみようかなー、ここ掘ってみようかなーとそんな感じです。

3、ストレス

愛情いっぱいに飼われていても、毎日のご飯が約束されていても、オモチャやお洋服をたくさん与えてもらっていても、やはり犬にも本能があります。

狩りをしたり、走ったり、吠えたりすることは本来犬にとっては自然なことですが、ペットとして飼われていれば、そこまで本能に突き動かされるままになっている犬は少ないでしょう。

幸せな毎日なのですが、本能の部分が満たされず知らずにストレスが溜まってしまい、その発散として壁を噛んでしまっていることがあります。

壁を噛まない対策をするには?オススメのグッズは?

ハーツ デンタル おやつプラス ボーン 小型犬用 ベーコンフレーバー(1コ入)【Hartz(ハーツ)】

ベーコンの香り付きの骨型のおもちゃ。

プラスチックでできていますが、耐久性はバッチリで、強く噛んでも壊れてしまうことはありません。

またベーコンの香りで飽きずに夢中で噛みます。

デンタルケア商品なので、歯茎や生えたての歯のケアにもなります。

大きさは超小型犬用〜大型犬用まであるのでお口の大きさに合わせて購入してあげるといいでしょう。

リッチェル ビジーバディ ツイストS オレンジ

2つの円盤を合わせたような形のおもちゃ。

円盤の隙間に犬のお菓子を入れることができます。

隙間の幅は調整可能なので、狭ければ狭いほどお菓子の取り出し難易度が上がり、犬は那覇でつついたり、持ち上げたりと頭を使って真剣に遊びます。

円盤自体も頑丈で、強く間でもびくともしません。

お菓子をあげる習慣がない方は、普段あげているドックフードを入れり方法もあります。

また2つの円盤は回すと完全に離すことができるので、隅々まで洗えて衛生面も問題ありません。

相手ができない時に与えると、時間を忘れて遊んでくれますし、頭を使うので、それなりにエネルギーの発散になります。

歯が痒いときには、噛み応えのあるおもちゃを。

暇つぶしには頭を使うおもちゃを。

本能を満たすにはドックランなどで思いっきり走らせてあげるなど、適宜対応してあげましょう。